メニュー 閉じる

◆ この塾で得られること

 サイトオーナーの私みないな人のこと、ですかねぇー(自爆

 Geezer(ギーザ-)は、米語では、「いかにも風変わりな年配の人」の意味のようですが、私的にはもう少し広げて考えています:

「年齢相応」という言葉に代表されるような社会が用意したレールや、暗黙のルール・常識みたいなことから、あえて一歩踏み出してみる人たち

を、私は、勝手にGeezer仲間だと思っています。

 あ、もちろん周りに迷惑をかけるようなはみ出し方は違いますよ。

 例えば私の年代に近い方々の場合には、自分の仕事のことを積極的に発信している人は、日本では、今でもそう多くはないと思うのですが、いかがでしょう?

 このあたりの経緯は、書き出すと長くなりますので、公開サイトの札幌Geezerへようこそ(こちら)を参照いただければ幸いです。長文です(笑)。

 自分を仕事のことを発信し始めると、確実に起きることがふたつあります。

 ひとつは、自然とアクティブ・ラーニングをし始めるということ、そしてもうひとつは、嫌でも行動した結果と向き合うことになる、ということです。

 特に後者は、双方向のインターネットならではだと思います。

ネットでの発信を、一方通行の広告と同じに考えている方がまだ多いようですが、それは「大きいことはいいことだ」的な、マスメディア式の考え方だと思います。

 対して、個人にもできるネット発信では、すぐには(←ここが重要)期待するほど多くの人には届きませんし、結果が出ないことがほとんどです(キッパリ)。

 実は、サイト作りとは、そこから始まる地味な試行錯誤こそが本筋で、形になったらハイおしまいということではなく、長い道のりなのです。

 なのでこのサイトは、これから同じような道を歩み始めるみなさんのガイド役のひとつになることを目標にしています。

 そんなことは、ありません(キッパリ)。

 確かにこれだけウェブサイトの数が増えると、検索からサイトを訪問してもらえるようになるには、それなりの労力が必要です。

 でも、サイトに訪問してもらうための入口は、検索だけではありません。なによりもまず大事なのは、リアルの活動です。異業種交流会などに参加したり、自分でイベントを主催したりなどできることがたくさんあります。

 また、ネット上からも、フリーランスの方ならクラウドソーシングのサイトに登録することが多いと思いますが、その自己紹介の中にウェブサイトを掲載できるようになっていることが多いはずです。

 こうした検索以外の所から、ウェブサイトを訪問してくれる方々は、少なくともその時点では、あなた(またはあなたの仕事)に興味を持って訪問して下さっているワケで、その意味はメチャ大きいのです。

 このことだけでも、ウェブサイトを持つ意味は十分にあるというのが、Geezer養成塾の考え方です。

◆ プログラム内容について

 文章や画像などのコンテンツがない状態の骨組みまでであれば、慣れている人ならば日もかからないです。

 骨組みが出来てからは、人それぞれです。

 ワードプレスの使い方そのものに慣れるのに少し時間がかかりますし、逆にある程度慣れないと、どのようなコンテンツをどのように配置するのかの判断がつきにくいと思います。

 ワードプレスを始めて使う方で、これまでにウェブサイトを作成したりブログ発信した経験がない場合には、少なくとも半月は必要とお考え下さい。

Comment on this FAQ

 はい、プログラム内容を充実させるために、現時点では、出来る範囲で対応しています。

 画面の右下にある、メッセージ・アイコンから、いつでもお問い合わせ下さい。フェイスブックをお使いの方であれば、メッセンジャーで対応できますし、お使いでない場合には、メールでの返信となります。

 尚、ご質問の回答は、プログラム内容への追記でお応えする場合があること、また、一般的な質問内容ではなく、みなさんそれぞれの状況を把握してからでなければお応えできないようなご質問の場合には、対応できない場合があることを、予めご了承下さいませ。

 いいえ。このサイトは、動画のホスティングもできるようになっていますので、プログラムによっては、オリジナル動画が含まれています。

 例えば、ワードプレスの基本的な使い方(WB)については、動画をアップしてあります。この場合には、そのほうが、伝わりやすいと思うからです。

 今後追加するプログラムについても、概念的な説明は文章で、操作方法については、動画をあわせてアップしていく予定です。

◆ フォーラムについて

 意見や考え疑問などを、公開することによって、会員同士が交流するための掲示板とお考え下さい。

 昔話になって申し訳ないのですが、インターネットが広がり始めた頃には、個人が運営する多くの掲示板がありました。あ、今でもなんとかチャンネルという匿名掲示板がありますが(笑)、それ以前の話です。

 今ではすっかり廃れてしまった感のある掲示板ですが、「交流する」という意味では、とてもグッドな仕組みだと思うワケです。ということで、遠慮せずにどんどんカキコして下さい。

 ただし注意していただきたいことは、フリー会員(登録はメチャ簡単)でも見ることができますので、半公開ぐらいの感覚でお使いいただくのがよいと思います。

 

 

 はい。交流の場ですから、例えば自己紹介であれば、「近況報告&雑談」で、イベントを主催する場合には、「イベント&告知サイト」にぜひカキコして下さい。

 ただし、皆さんご自身のものに限らせて下さい。アフィリエイト目的などで、会員以外の方の広告やプロモーションについては、投稿をご遠慮下さい。

 そのような場合には、札幌Geezerの判断で、投稿を削除する場合がありますので、その点については、予めご了承下さいませ。

 

 自分以外の宣伝については、先に説明した通りです。

 その他としては、公序良俗に反することや他人の誹謗中傷などは、もちろんダメですし、政治や、宗教的な活動やそれに関するカキコはご遠慮下さい。

 どこまでがOKで、どこからダメかという判断については、札幌Geezerの独断で判断しますので、この点については予めご了承下さいませ。

 札幌Geezerとしては、会員間の営業があってもよいと思っています。ただし、「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」式で、自分のサービスが役立つかどうかの考慮がにかけた営業や、断っているのに執拗な場合には、札幌Geezerに連絡して下さい。

 そのような会員の方には、札幌Geezerが直接お話をし、ご理解いただけない場合には、会員であることをおやめいただくことになります。

 また、一切営業されたくない場合には、身元が判明するような情報は、ここでは公開しないで下さい。

Load More