メニュー 閉じる

苦労してサイトを作っても、誰も見に来ないのでは?

 そんなことは、ありません(キッパリ)。

 確かにこれだけウェブサイトの数が増えると、検索からサイトを訪問してもらえるようになるには、それなりの労力が必要です。

 でも、サイトに訪問してもらうための入口は、検索だけではありません。なによりもまず大事なのは、リアルの活動です。異業種交流会などに参加したり、自分でイベントを主催したりなどできることがたくさんあります。

 また、ネット上からも、フリーランスの方ならクラウドソーシングのサイトに登録することが多いと思いますが、その自己紹介の中にウェブサイトを掲載できるようになっていることが多いはずです。

 こうした検索以外の所から、ウェブサイトを訪問してくれる方々は、少なくともその時点では、あなた(またはあなたの仕事)に興味を持って訪問して下さっているワケで、その意味はメチャ大きいのです。

 このことだけでも、ウェブサイトを持つ意味は十分にあるというのが、Geezer養成塾の考え方です。